業務⽤厨房器具の販売・リースなら厨房ベースにお任せください!

冷蔵庫、冷凍庫、製氷機

新着情報News & Topics

ブログBlog

  • 厨房機器の設置時に押さえるべきレイアウトのコツを紹介

    厨房機器のレイアウトは、厨房での作業効率に大きく関係します。料理を提供するスピードが早くなればその分売上もアップするので、厨房のレイアウトはとくによく考えましょう。厨房機器のレイアウトの種類や、ポイントについて解説します。厨房機器のレイアウト4種類厨房機器のレイアウトは飲食店によってさまざまですが、効率的に作業できるレイアウトのパターンは存在します。直線型、L字型、二列型、アイランド型の4つの種類について解説します。直線型小さい飲食店でよくあるレイアウトです。シンク、冷蔵庫、コンロなどが一列に配置されており、一人での作業も最小限の動きで行えます。L字型小規模な飲食店で作業効率を上げたい場合に便利なレイアウトです。シンク、冷蔵庫、作業台が直線で、L字を描くようにコンロが設置されています。調理したものを最小限の動きで作業台に運べる、食材を最小限の動きでコンロに運べるというメリットがあります。二列型厨房のスペースがしっかりと取れる飲食店におすすめのレイアウトです。前後に効率的に厨房機器を配置できます。カウンターがある飲食店にもおすすめです。調理する、片付けをする、下準備をする、ドリンクの用意をするなどの別々の作業がしやすくなります。アイランド型料理をしている風景もお客様に楽しんでもらいたいという飲食店で見られるレイアウトです。コンロ、鉄板など料理の仕上げをする調理器具だけが独立しています。下準備やドリンクの用意、サイドメニューの調理などをするためにメインの厨房もあります。厨房機器のレイアウトのポイント厨房機器をレイアウトする際のポイントを解説します。作業効率が上がり、一人でも複数人でもストレスなく動けるレイアウトを考えましょう。動線を確保する厨房機器のレイアウトで第一に考えたいのが動線です。下準備から調理、提供までの作業や、下げた皿をシンクに運び洗う作業など、あらゆる作業を最小限の動きでできるようにしてください。シミュレーションをして動きやすい配置を考えるのもおすすめです。見せる収納を考える厨房スペースが狭い場合、スペースを有効活用するために見せる収納を考えるのもおすすめです。お酒のボトルや食材を飾ればお客様に目で見て楽しんでもらえるだけでなくすぐに取り出せて作業効率もアップします。見せる収納はお客様に不衛生な印象を与えないよう、こまめなお手入れも大切です。業者にアドバイスしてもらう厨房機器を購入する際に、販売している業者からアドバイスをしてもらえることもあります。初めての飲食店開業で適切なレイアウトがわからないという場合は、業者に相談するのもおすすめです。理想のレイアウトから厨房機器を探すことも可能です。厨房機器の適切なレイアウトを考えよう飲食店の厨房機器のレイアウトについて紹介しました。厨房機器のレイアウトは、作業効率や売上に関係する非常に重要なポイントです。何度もシミュレーションを行い、動きやすい、怪我や事故につながらない安全な配置を考えましょう。厨房の規模に合わせてレイアウトを考えれば、狭い厨房でもしっかりスペースを有効活用できます。反対に厨房スペースに余裕がある場合はさらに作業効率を上げられるレイアウトはないかどうか、業者に相談してみることもおすすめです。

    もっと読む
  • 厨房機器の選び方3つの基本的なポイントを徹底解説

    飲食店を開業する際、厨房機器選びは重要です。限られた厨房スペースを有効活用するために、また効率的に作業をするために、適切な厨房機器の選び方を覚えておきましょう。厨房機器の選び方と、購入、リース、レンタルなどの入手方法について解説します。厨房機器の選び方のポイント3つ厨房機器の選び方として抑えておきたいポイントを3つ紹介します。サイズや機能性、メンテナンスのしやすさなどの点をチェックして、ぴったりの厨房機器を見つけてください。厨房のスペースに合うサイズまずは厨房のスペースに合うサイズの厨房機器かチェックしてください。大きな厨房機器を設置するとどうしても厨房は狭くなってしまいます。事前に動きやすいスペースを確保できる大きさを予想しておくことも大切です。また、飲食店の営業許可を得るためにはシンクの大きさに規定があります。この規定を満たす厨房機器を入手しましょう。シンク、冷蔵庫、ガスレンジなどさまざまな厨房機器がありますが、すべての機器の奥行を揃えることで作業中につまずくなどの事故を防げます。効率的に作業できる機能性冷蔵庫なら開け閉めしやすい、冷凍と冷蔵のサイズのバランスが良いといった機能性を見てみましょう。ガスレンジなら火力が強い、口数が多いなどのポイントも重要です。それぞれの厨房機器にどんな機能を求めるか考え、その条件を満たす厨房機器を探してください。ランニングコストを抑えるために消費電力が少ないものを選ぶこともおすすめです。メンテナンスしやすく長く使えるメンテナンスのしやすさも重要なチェックポイントです。毎日のお手入れがしやすく長く衛生的に使える、部品を分解して掃除しやすいなどの点にも注目しましょう。古い厨房機器は部品が製造されておらずメーカーに問い合わせても修理をしてくれない可能性もあります。購入前に部品は入手できるかどうかもチェックしておくと安心です。飲食店の購入・リース・レンタルの違い飲食店の厨房機器の入手方法は購入、リース、レンタルがあります。それぞれの違いを確認しておきましょう。新品、または中古を購入する飲食店の厨房機器の入手方法として一般的なのが購入です。新品を購入するとメーカー保証がついており、相談にも乗ってくれます。中古でもあまり使われていないもの、業者がきちんとメンテナンスをしているものであれば新品と大差ない使い心地を実感できます。すべての厨房機器を購入すると高くついてしまうのがデメリットです。リースは初期費用を抑えられるリース会社に厨房機器を購入してもらい、分割して支払っていくのがリースです。初期費用を抑えられますが、月額の費用には利子が追加されています。長く使い続けると購入するより割高になってしまいます。短期間の営業ならレンタルイベント時のみなど、短期間の営業のみならレンタルがおすすめです。設置や撤去などもレンタル会社が行ってくれるので気軽に利用できます。レンタル会社が所有している厨房機器からしか選べない、長期間の利用は割高になるなどのデメリットもあります。飲食店の厨房機器の選び方を抑えよう飲食店の厨房機器の選び方を解説しました。適切な厨房機器を選ぶことで作業効率を上げ、ランニングコストを抑えられます。購入、リース、レンタルのどの方法で厨房機器を入手するのが一番自分に合っているのかも考えて、適切な方法で厨房機器を用意しましょう。

    もっと読む
  • 厨房機器の買い替えタイミングはいつ?3つのチェックポイント

    飲食店の厨房機器の買い替えタイミングを解説します。厨房機器は、一般的な家電よりも耐久性が高いです。ですが厨房機器にも耐用年数があり、この年数を過ぎて使い続けていると故障やトラブルの原因になります。長く安心して厨房機器を使い続けるためにも、買い替えのタイミングを考えてみましょう。厨房機器を買い替えるべき3つのタイミングまずは飲食店を経営する上で厨房機器の買い替えが必要だと感じるタイミングについて紹介します。厨房機器は長く使い続けると劣化し、故障してしまいます。場合によっては飲食店の経営にも影響しますので、よく確認しましょう。劣化してきたら・故障したら冷蔵庫の効きが悪くなった、ガスレンジの火力が不安定になったなどの劣化、故障、トラブルが頻発するようになったら買い替えのタイミングです。経費削減のためにギリギリまで厨房機器を使いたいところですが、本格的に使えなくなってしまうと経営に支障が出ます。以前のようにスムーズに使えなくなったと感じたら買い替えを検討しましょう。耐用年数が過ぎたらそれぞれの厨房機器の耐用年数が過ぎたら買い替えのタイミングです。安心して厨房での作業を行うためにも早めに新しい厨房機器に買い換えましょう。厨房機器の耐用年数については後述します。最新の厨房機器が必要になったら厨房機器は次々に新しい機能を搭載したものが登場しています。最新の設備を導入したい、業務を拡大したいといったときも厨房機器の買い替えタイミングです。提供する料理を大幅に変更するために違う機能を搭載した厨房機器が必要になることもあります。厨房機器の耐用年数厨房機器の耐用年数を紹介します。耐用年数はその厨房機器の価値を持続できる期間を指しているので、必ずこのタイミングで買い替えなければいけないというものではありません。しかし長く使い続けていると厨房機器は劣化してしまいます。買い替えの目安としていつ購入したかは覚えておきましょう。冷蔵庫の耐用年数は6~8年冷蔵庫、冷凍庫の耐用年数は6年から8年です。ホテルなどの宿泊施設や大型の飲食店で使われる冷凍冷蔵庫は10年程度とされている場合もあります。冷凍冷蔵庫は古くなると消費電力が高くなります。節約のためにも早めの買い替えがおすすめです。最新の節電機能のあるものを選ぶと良いでしょう。ガスレンジの耐用年数は10年業務用コンロ、ガスレンジの耐用年数は10年程度です。よく強い火力で調理する場合、煮込み料理で常にコンロを使っている場合はそうでない場合よりも劣化が早いです。また、コンロは油汚れ、食材の汚れが残りやすく、放置することで劣化を早めます。火がうまくつかない、火力の調整が難しくなると料理の提供にも影響が出ますし、火災の原因にもなりかねません。長く使い続けるためにはこまめなお手入れ、定期的なメンテナンスが大切です。厨房機器の買い替えタイミングを見極めよう厨房機器の買い替えタイミングについて解説しました。飲食店を経営していく上で厨房機器の買い替えは欠かせません。不具合が多くなった、故障したという場合は買い替えを検討しましょう。とくに不備が見当たらなくても長く使う内に厨房機器は劣化しています。定期的にメンテナンスをして、耐用年数も考慮しつつ買い替えの必要がないか考えてみてください。

    もっと読む
  • 飲食店で揃えるべき厨房機器・調理器具の種類を一挙紹介

    飲食店開業までに買い揃えたい厨房機器、調理器具を紹介します。これらは飲食店を経営する上では必要不可欠ですので、必ず用意できるだけのスペースと費用を確保しておきましょう。飲食店開業で不可欠な6種類の厨房機器まずは飲食店の開業に必要不可欠な厨房機器を6つ紹介します。保健所で定められたサイズのシンクシンクは保健所が指定するサイズ以上のものを用意しなければなりません。洗い物が溜まってもスムーズに作業できる、シンクの上にまな板を置いて調理ができるなど、使い心地を考えて選ぶことも大切です。食材の確保も作業もできるコールドテーブルコールドテーブルとは、作業台の下が冷凍冷蔵庫になっている厨房機器です。少ないスペースで食材を確保、調理ができます。作業台を置くよりもコールドテーブルを置いた方が厨房を広く使えます。食材を確保する業務用冷蔵庫業務用冷蔵庫は必要な食材によって大きさを考えましょう。通路の邪魔にならない、扉を開ける際動線を確保できるなどの点を確認してください。必要以上に大きなものを選ぶと設置スペースに困ってしまう可能性もあります。食品衛生法に定められた食器棚飲食店は、扉付きの食器棚を最低一台設置しなければなりません。たっぷり収納できる、壁面を有効活用できるなどメリットの多い食器棚を選びましょう。二口以上のガステーブル調理をする上で二口以上のガステーブルは必須です。安全装置つきのものがおすすめです。IHクッキングヒーターは安全性が高いですが高性能な分価格はかなり高くなります。ドリンクや調理に必須の製氷機ドリンクの提供時、食材を冷やす際などに氷は必須です。製氷機も用意しましょう。製氷機は、トラブルによって製氷が遅くなったときのことを考えて大きめのものを用意するのがおすすめです。厨房の広さから、開き戸、スライドドア、観音開きなど最適なものを選んでください。飲食店開業で揃えるべき調理器具8種類飲食店開業までに揃えておきたい調理器具を8種類紹介します。包丁やまな板食材を切るための包丁、まな板は必須です。肉、魚、野菜、パンなど、食材によって使い分けられるように数種類用意しておきましょう。鍋やフライパン鍋やフライパンも必要です。大から小まで、臨機応変に使い分けられるように揃えておく必要があります。最もよく使う調理器具ですので、使いやすさにこだわったものを選びましょう。トングや菜箸、フライ返し調理の際にはトング、菜箸、フライ返しを料理によって使い分けます。スープ系の料理にはおたまやレードルも必要です。どんなメニューを提供するかによって選んでいきましょう。ボウル、ざる料理のしたごしらえや食材の保管にボウルやざるも必要です。さまざまなサイズがあるので必要なものを把握して買い揃えましょう。あると便利なその他の厨房機器・調理器具その他、デザートも用意するならケーキ型、クッキー型、ココットなどの調理器具が必要です。カフェならコーヒーマシーン、居酒屋ならビールサーバーも用意しましょう。ミキサーはドリンク作りだけでなく調理にも役立ちます。冬に暖かいおしぼりを提供するためにはタオルウォーマーもあると良いでしょう。飲食店開業までに厨房機器、調理器具を揃えよう飲食店開業までに揃えておきたい厨房機器や調理器具を紹介しました。喫茶店、居酒屋、ラーメン屋など、飲食店によって必要な厨房機器や調理器具には違いがあります。あとから困ることのないように、必要なものをきちんと把握して事前に揃えていきましょう。

    もっと読む
ページトップへ