業務⽤厨房器具の販売・リースなら厨房ベースにお任せください!

真空包装機とは?使い道や製品の紹介

注目されている真空包装機はさまざまなシーンで活躍中です。その主な用途や代表する製品を紹介します。

真空包装機とは

業務用真空包装機は、主にレストラン、カフェ、食品製造工場などで使用され食品のパッケージ内の空気を抜いて真空状態にするための機械です。

これらの機械は大量の食品を迅速かつ効率的に処理できるように設計されています。肉や魚、野菜や果物などさまざまな個体の食材はもちろん、スープやソースなどの液体、粉類、素材の味付けなどにも活用できます。

また、お惣菜やお弁当なども真空パックにすることで、食品の乾燥や酸化を防ぎ、鮮度を保つことができます。食品が酸素に触れないようにすることで保存性を高める他、様々なメリットを得ることができます。

業務用真空包装機は、多様な食品業界で幅広く使用されており、その高い効率性と品質管理の向上が評価されています。

真空包装機の特徴

食品の保存期間延長

酸素を取り除くことで、食品の酸化やカビの発生を防ぎ、鮮度を長く保ちます。保存期間が延びるため、食品ロスが減少します。保存性が高まることで長期間ストックでき、温めるだけで提供できるようにしておくと、人件費の削減にもつながります。

耐久性と信頼性

真空度やシール時間を調整できるモデルが多く、さまざまな食品や用途に対応できます。一部のモデルにはガスフラッシュ機能が搭載されており、酸素を除去して窒素を注入することで、酸化をさらに防ぎます。

頑丈な構造と高品質の素材を使用しているため、長期間の使用に耐えられます。真空包装すると空気を遮断できるため、冷凍された食品は乾燥・酸化することによって起こる「冷凍焼け」を防ぐことができ、栄養分が損なわれにくくなります。

真空包装は保存期間を延ばすだけではなく、「味」「香り」「食感」も長持ちさせ、いつまでも作りたてのような味が楽しめます。

効率化

食品の準備と保存が迅速かつ効率的に行えるため、作業の効率が向上します。在庫管理が容易になり、仕入れや廃棄のコストが削減されます。

真空状態で酸化や乾燥による劣化を防いでくれるから、風味や食感を損なうことなくおいしく保存できます。 使うときは、解凍いらずで必要な分だけ食材がすぐ取り出せるのが非常に便利です。 作った料理も電子レンジで温めれば、できたて・炊きたての味がよみがえり、料理の作り置きにもぴったりです。

一度に大量に調理して、小分けして保存すれば、必要な量だけ再加熱してすぐに提供できるので、営業時間中の調理負担を減らすことができます。

衛生管理

密閉状態で保存するため、外部の汚染物質から食品を守ることができます。密閉状態で保存するため、外部の汚染物質から食品を守ることができます。 

真空包装は密封状態なのでニオイ移りを防ぐだけでなく、雑菌の混入などのリスクを減らすことができ、より衛生的な保存が可能となります。

また、密封容器や箱などで冷蔵庫に保管している食材を真空包装で保存すれば、冷蔵庫の中はスッキリし、庫内のスペースを有効に使えます。

真空包装機の使用例

業務用ではレストランやカフェでの食品の前処理や保存に活用されています。注文が入った際にさっと調仕上げ調理をするだけで提供することができ、特に忙しい時間帯などは重宝するでしょう。

また食品製造工場での大量生産ラインや、精肉店や魚市場での新鮮な肉や魚の保存にも有効な活用法として採用されています。

近年では農産物の出荷前保存としても役割も果たしており、さまざまな食品業界において幅広く使用されています。その高い効率性と品質管理の向上が評価されているということになります。

業務用真空包装機の種類

業務用の真空包装機では、ほとんどの真空袋を使用でき、液体でも包装可能です。短時間で味を浸透させることができ、長期的に保存できますが、大きいため設置場所の確保が必要となります。また、オイルやヒーター線などの消耗品代が別に必要となり、導入コストが高いです。

ノズル式

短時間で真空ができ、比較的安価です。シール可能な袋の幅さえ要件を満たしていれば、袋の長さに制限が無いといった特徴があります。一方で真空状態が弱い、液体の真空包装には不向きである、エンボス加工がされていないなど、袋の指定があるといった点は注意しなければいけません。

チャンバー式

チャンバー式では、袋に入れた製品をボックス内へセットし、ボックス内部の空気を抜いていく事で真空状態を作ります。

ノズル式では難しい液体を真空包装することも容易であり、業務用の真空包装機では多く用いられている方法です。

シール装置もボックス内に設置されているため高い真空度を得ることができます。ノズル式より真空状態を作るまで時間がかかることや真空包装できる袋のサイズが機械ごとに決まっている、ノズル式と比較すると高価であるといった注意点もあります。

業務用真空包装機の製品例

フジマック 真空包装機 MAX-DD

ホシザキ 真空包装機 HPS-300A

TOSEI 真空包装機 トスパック 卓上型 標準タイプ

まとめ

真空包装機では食品が酸素に触れないようにすることで保存性を高める他、様々なメリットを得ることができます。仕入れ時期によって価格が変わりやすい生鮮食品も真空包装で保存することで一括仕入れができ、食材コストの削減にも貢献します。

性能の高い真空包装機では導入費用は高価な場合もあるため、必要な機能と使用頻度、設置スペースなどを考慮してから選ぶといいでしょう。

この記事を書いた厨房ベースが提供するサービス

理想の飲食店を作るためのノウハウ記事
千葉県・東京都を中心に飲食店の店舗づくりをサポートする厨房ベースがこちらの記事を描いています。20年以上にわたる店舗設計・デザインを通じて得た「理想の店舗デザイン」を実現する為に効果的なノウハウを公開しています。
開業・出店に関する不安をお持ちの方へ
自分のお店を開業したい多くの方が、出店に関する不安や悩みを抱えています。その様な不安や悩みをなくすため、無料相談を承っております。1人ひとりのお客様の実現したい理想のデザイン、費用、スケジュールなどお聞きして、お客様に一番ベストな方法でお店づくりを進められる様に詳しく解説しています。

厨房屋の店舗内装工事

厨房屋の店舗内装施工事例

 

厨房屋では店舗内装工事を含めた開業のトータルプランニングをしております。
様々なジャンルでの施工実績がございますので、
これからお店の開業をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

 

店舗内装工事の無料相談

理想の飲食店を開業・出店・改装したい方!何でもご相談ください。

お問合せはこちらから